「back number」タグアーカイブ

【歌詞】半透明人間(back number, バックナンバー)

【歌詞】
半透明人間
(back number, バックナンバー)

君の前から姿を消すって言ったのに
きちんと姿を消せない僕はきっと半透明
他の誰かのとなりに居場所を見つければ
ちゃんと消えられるはずなんだよ

君はきっと優しすぎて
僕はきっとそれを望みすぎて
もう顔も見たくないと思うから
形も残らぬように

君の前から姿を消すって言ったのに
君の番号消せない僕はきっと半透明
他の誰かのとなりに居場所を見つければ
ちゃんと消えられるはずなんだよ

今も目を凝らせば
笑ってた君も泣いてた君も
ぼんやり見えてくるよ
なんだそうか君も半透明じゃないか

どうして君は
嫌いだともう好きじゃないと
きちんととどめをさして
出ていってくれなかったの
だってそうだろう
終わってもいない事だけは
忘れられるはずがない

君の前から姿を消すって言ったのに
きちんと姿を消せない僕はきっと半透明
他の誰かのとなりに居場所を見つければ
ちゃんと消えられるはずなんだよ

【歌詞】反省線急行自宅行き(back number/バックナンバー)

【歌詞】
反省線急行自宅行き
(back number/バックナンバー)

最初からさっきまで 1日思ってたのは
君が好きなんだって事と 君に嫌われたくないなって

想いが混じり合って 強いはずの気持ちをいつのまにか
弱い心が丸め込んで なにもできないまま

泣きたい気持ちを抱きしめて
暗い道を一人きり走ってるのさ
君に言えずに飲み込んだものが
この胸の奥でつかえてるのさ

考えて考えてやっと出てきた答えは
練習嫌いで本番に
弱い俺はこれからどうするの

なんとなく分かってんだ 返ってくる言葉もそのわけも
知らぬフリして抱きしめる 予定は晴天延期です

会いたい気持ちを引きずって
暗い道を一人きり走ってるのさ
君に言えずに飲み込んだものが
この胸の奥で叫んでるのさ

ありふれた思い出に そのうち変わってしまうだろう
この痛い悔しいこれが いつ淡く変わるんだろう

泣きたい気持ちを抱きしめて
暗い道を一人きり走ってるのさ
君に言えずに飲み込んだものが
この胸の奥で暴れ出す

会いたい気持ちを引きずって
暗い道を一人きり走ってるのさ
君に言えずに飲み込んだ俺を
目に見える全てが笑ってるのさ

【歌詞】はなびら(back number/バックナンバー)

【歌詞】はなびら(back number/バックナンバー)

桜の花が舞い落ちるこの景色を
いつか僕たちは並んで見ていた
今ではそのほとんどが嘘になってしまった言葉を
心から伝え合いながら

見上げれば空は
君に見せたいくらい綺麗で
耳をすませば
今でも君の声が聞こえる

抱きしめても
春ははなびらのように
僕の腕をすり抜けて
それでも忘れたくなくて
何度も何度も
巻き戻して
君ともう一回出会って
もう一回恋したいんだって
今度はもう離さないよ
離さない

歩道橋の上にも横断歩道の向こうにも
駐車場の緑のフェンスの前にも
いたる所で君の想い出が笑ってて
ずいぶん住みにくい街になったな

言い忘れたけど君の事がまだ好きだよ
ひとりでつぶやいただけなのにな
溢れてくる

抱きしめても
春ははなびらのように
僕の腕をすり抜けて
それでも忘れたくなくて
何度も何度も
巻き戻して
君ともう一回出会って
もう一回恋したいんだって
今度はもう離さないよ
嘘じゃない

枯れ落ちた花があの日と同じ風に吹かれて
終われなかった恋をつれて今
舞い上がってく

抱きしめても
春ははなびらのように
僕の腕をすり抜けて
それでも忘れたくなくて
何度も何度も
巻き戻して
君ともう一回出会って
もう一回恋したいんだって
今度はもう離さないよ
離さない
君を離さない

【歌詞】花束(back number/バックナンバー)

【歌詞】
花束
(back number/バックナンバー)

どう思う?これから2人でやっていけると思う?
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいたいと思ってるけど
そうだねだけどさ最後は私がフラれると思うな
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいてみようよ

浮気しても言わないでよね
知らなければ悲しくはならないでしょ
信用ないなぁ僕は僕なりに
真っ直ぐに君と向かい合いたいと思ってるよ

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
思い出す度にニヤけてしまうような想い出を君と作るのさ
そりゃケンカもするだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
ごめんごめんありがとうごめんくらいの
バランスになる危険性は少し高めだけど
許してよ

今までの僕は
曲がった事ばっかだった気がするんだよ
だからせめて君のとこには
まっすぐにまっすぐに走ってくよ

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
甘い甘いこの気持ちを二人が忘れなければ
何も問題はないじゃない
ケンカもするんだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
君とならどんな朝も夜も夕方だって
笑い合って生きていけるんじゃないかと
思うんだよ

どう思う?これから2人でやっていけると思う?
んんどうかなぁでもとりあえずは
僕は君が好きだよ

【歌詞】春を歌にして(back number/バックナンバー)

【歌詞】
春を歌にして
(back number/バックナンバー)

並木道のやわらかい風はあなたの手のひらみたいに
僕の左頬を優しく撫でて 甘い匂い残して消えてゆく

さよなら 二人で言い合って
それで一体何が終わったの?
この想いと伝えたい言葉が
行き場を失くしただけでしょう

春を音にしたような声で もう一度僕を 僕の名前を
呼ばれたら何も言えないから
せめて泣かないようにしよう

強くなりたいと願う度にひどく虚しい気持ちになる
強くなれたってその姿を
見せたいのはまだあなただから

そうだね きっと時間の流れが
すべてを洗い流してしまうね
ならそれまで大切に持っておこう
想いも言葉も温もりも 涙も

忘れなければと思うほど胸の深くに刻みこまれるのは
それだけ想いが強いから そうゆう事にしておこう

会えないとゆう事より何よりも
悲しいのは君が僕に会えなくても平気ってゆう事

今でも君に会いたいけど
会えない理由が山積みなだけじゃなくて
本当に大切にしなきゃいけないものに気付き始めたから
春を音にしたような声で もう一度僕を 僕の名前を
呼ばれたら何も言えないから
せめて泣かないようにしよう

連れていくよ
君の想い出と
この春を歌にして