【歌詞】【和訳あり】Baby Just Time(三浦大知, みうらだいち)

【歌詞】【和訳あり】
Baby Just Time
(三浦大知, みうらだいち)
ベイビー、時間だよ

今にフォーカス 常に (in this life)
逃さないタイミング (in this life)
待ち望んでいただろう?
It’s my turn 俺の出番
始まっているのさ
(この人生で)
(この人生で)
俺の番さ

広がるのは未開拓の地
辿る印などどこにもないんだ
新たな刺激 欲しがる君に
tonight 教えてあげよう
今夜

Baby Just Time
Just Time
さぁ call my name
Ease your mind
ほら全てをコントロール
コピー&ペーストはもう必要ない
破壊と再生をまた繰り返す
Time
Just Time
I’m gonna make you mine
この時だけ
この時だけ
俺の名前を呼んで
難しく考えずに
時間
この時だけ
君を俺のものにしてみせるから

彼方に光る星 (shining star)
闇夜が似合う路地 (darkness side)
どこへでも連れて行こう
任せれば変わる世界
I’m the best man 思い通り
(光る星)
(暗い方)
俺は最高の男さ

聴こえるのはこの歌だけさ
ほかに必要なものなどないんだ
甘い囁き 戸惑う君に
tonight 魔法をかけよう
今夜

Baby Just Time
Just Time
ねぇ call my name
Ease your mind
ほら全てをコントロール
コピー&ペーストはもう必要ない
期待も予想も飛び越えていく
Time
Just Time
I’m gonna make you mine
この時だけ
この時だけ
俺の名前を呼んで
難しく考えずに
時間
この時だけ
君を俺のものにしてみせるから

プラスもマイナスも
君次第
ホンモノを今 選べばいい

Baby Just Time
Just Time
さぁ call my name
Ease your mind
ほら全てをコントロール
コピー&ペーストはもう必要ない
破壊と再生をまた繰り返す
Time
Just Time
I’m gonna make you mine
この時だけ
この時だけ
俺の名前を呼んで
難しく考えずに
時間
この時だけ
君を俺のものにしてみせるから

【歌詞】ミラーボールとシンデレラ(back number, バックナンバー)

【歌詞】
ミラーボールとシンデレラ
(back number, バックナンバー)

愛してるなんて言われたって
もう私は好きですらないので
返す言葉も慰める権利も

嘘でもいいからなんて言う人じゃ無かったのに

過ごした日々の代償が
逃げ出す私の身体締め付けて
無理矢理 解いてく程に
あなたの心 千切れ 空に舞って

肝心なところでいつも
黙り込んでズルいねって
言っていたのは私の方だから

目をちゃんと見て言った「さよなら」だけじゃ
足りないみたい

あなたにもらった愛情を
忘れる事はきっと無いけれど
すでに心は奪われ
ここには何も持って来ていないの

悪いのはそう
あなたじゃないの
だから何もしてあげられる事が

過ごした日々の代償が
逃げ出す私の身体締め付けて
無理矢理 解いてく程に
あなたの心 千切れ 空に舞って

綺麗ね

【歌詞】ミスターパーフェクト(back number, バックナンバー)

【歌詞】
ミスターパーフェクト
(back number, バックナンバー)

ありがとうさようなら
今までのいびつな僕よ
そのままの君じゃ
生きていけなくて
だからここで手を振るよ
誰からも愛される人にならなくちゃ
誰にも嫌われない人になればいいのさ

なるべく楽しく生きてゆく為に
傷つきやすい胸は捨ててしまおう
なるべく誰一人傷つけないように
悪いところ見つける目も潰してしまおう

もうこれ以上誰も失わぬように
災いの元の口も縫ってしまおう
悪口が二度と
聞こえてこないように
両手で耳を塞ぐよ

もうすぐなれるはず
想い描いてた理想の僕に
このままいらない
ものを捨てていけば
もうすぐなれるはず
ありがとうさようなら
今までのいびつな僕よ
そのままの君じゃ
生きていけなくて
だからここで手を振るよ
行き交う人に置いていかれぬように
自分の足で歩くのもやめてしまおう

なるべく早めに答えが出せるように
悩んでるこの頭もいらないや

もうこれ以上捨てるものもなくなって
完璧な人間になれたならば
さて何をしよう
さて何をしようか
なんだろう
何もないや

もうすぐなれるはず
想い描いてた理想の僕に
このままいらない
ものを捨てていけば
もうすぐなれるはず
ありがとうさようなら
今までのいびつな僕よ
そのままの君じゃ
生きていけなくて
だからここで手を振るよ
僕はこんなものになりたかったのか
ここには誰一人
自分さえいないのに

【歌詞】瞬き(back number, バックナンバー)

【歌詞】
瞬き
(back number, バックナンバー)

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が
繰り返すようなものじゃなく
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ

何の為に生きて行くのか
答えなんて無くていいよ
会いたい人と必要なものを少し守れたら

背伸びもへりくだりもせずに
僕のそのままで愛しい気持ちを歌えたなら

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が
繰り返すようなものじゃなく
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ
瞬きもせずに目を凝らしても見付かる類のものじゃない
だからそばにいて欲しいんだ

夢の為に生きられた人
逸れた道が正解だった人
誰かの為に費やした人
自分を生きた人

誰にもなれなかったけど
ただ今日も僕を必要だと思ってくれたら

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が
繰り返すようなものじゃなく
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ
また弱さ見付けて戸惑う僕に
でもそれが出来るだろうか
目を閉じて見付けた場所で

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が
繰り返すようなものじゃなく
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ
そしていつの間にか僕の方が守られてしまう事だ
いつもそばに いつも君がいて欲しいんだ

目を開けても 目を閉じても

【歌詞】魔女と僕(back number, バックナンバー)

【歌詞】
魔女と僕
(back number, バックナンバー)

あぁ君に近付いた分だけ
あぁ吸い取られるんだ
また潤んだ声で唱える
呪文ひとつで僕は逃げられない

私はいつも誰よりあなたの味方だよ

愛する君の為に出来るのは
見て見ぬ振りくらいだろう
もう僕は知っている知っている
僕だけじゃないってこと

あぁマメな人だって思って
気が付けば君しか見えなくなって

気が合うんだね私も好きだよ あの映画

愛する君の為に出来るのは
見て見ぬ振りくらいだろう
もう僕は知っている知っている
ここは手のひらの上

生まれながらに持った力と
生き抜く中覚えた呪文で
それを僕に使ったのは
ただの気まぐれだったの?

こんな話聞いてくれてありがとう
私にとってあなたはとても大切な人だよ

愛する君の為に出来るのは
見て見ぬ振りくらいだろう
もう僕は知っている知っている
僕だけじゃないってこと

胸の苦しみにも慣れてきた
ひどく馬鹿な自分に
もう嫌気がさしてる
僕は思う
はやく君に会いたい

【歌詞】僕の名前を(back number, バックナンバー)

【歌詞】
僕の名前を
(back number, バックナンバー)

最初から知ってたみたいに
僕の痛いところを
見つけて手をあててくるから
君はきっと未来から来たんだろう

いらない思い出だらけの僕の頭を
君は笑って抱きしめてくれた

今 君の手を握って出来るだけ目を見て
こんな毎日で良かったら残りの全部
まとめて君に全部あげるから
きっと 人を想う事も大切にするって事も
大袈裟じゃなくて君が教えてくれたんだよ
だからもう僕は君のものだ

本当は最初からどこかで
君を好きになると
僕は気付いていたんだろう
だからきっと 君を避けたんだ

形があるといつか壊れてしまうなら
初めから作らなければその方がいい
失うのが怖くて繋がってしまうのが怖くて
なのに君は何度も 何度も僕の名前を

今 君の手を握って出来るだけ目を見て
こんな毎日で良かったら残りの全部
まとめて君に全部あげるから
きっと 僕にもあった優しさは
何よりこんな気持ちは
大袈裟じゃなくて君と出会って知ったんだよ
だからもう僕は君の
これからずっと僕の全ては君のものだ

【歌詞】僕が今できることを(back number, バックナンバー)

【歌詞】
僕が今できることを
(back number, バックナンバー)

歩いてきた道は
楽しいだけじゃなかったな
だけど思い出し笑えるのなら
今が幸せ とゆう事だろう

毎日少しづつより良い自分になる為
きっと誰もが悩んでいるのだろう
答えのない問いかけに 今も

僕らは優しい人に支えられて
いつの間にやら誰かの分まで
生きなきゃいけない気がするけど
涙も汗も一人分しか流せない
だから自分の思うように
僕が今できることを

僕らは優しい人に支えられて
いつの間にやら誰かの分まで
生きなきゃいけない気がするけど
涙も汗も一人分しか流せない
だから自分の思うように
僕が今できることを

僕が今できることを

【歌詞】頬を濡らす雨のように(back number, バックナンバー)

【歌詞】
頬を濡らす雨のように
(back number, バックナンバー)

走っても走っても前に 進まない 夢にうなされて
目が覚めてもまだ 夢の中に取り 残されているのかな

君の思うように 全部が 上手くいきますように

歩き出した僕らには 立ち止まってる時間も
戻る場所も 無いように思えるけど
手は差し伸べられてる 暖かな風のように
頬を濡らす雨のように

誰かの声に怯えて 自分が誰かも 忘れそうだよ
つらくなってもまだ
逃げ出さないのは 臆病なだけなのか

夢みたいに 素敵な事が たくさん 君に起きますように

歩き出した僕らには 立ち止まってる時間も
戻る場所も 無いように思えるけど
手は差し伸べられてる 日差しに掛かった 雲のように
いつだって姿を変えて

君の不安な毎日が 光で溢れますように

歩き出した僕らには 立ち止まってる時間も
戻る場所も 無いように思えるけど
手は差し伸べられてる 暖かな風のように
頬を濡らす雨のように

歩き出した僕らには 立ち止まってる時間も
戻る場所も 無いように思えるけど
手は差し伸べられてる 優しいあの歌のように
僕を照らす君のように

【歌詞】平日のブルース(back number, バックナンバー)

【歌詞】
平日のブルース
(back number, バックナンバー)

流れてく毎日の中で
僕自身の身の丈知りつつも
ここに自分らしさはあるのかと
いまだに問いかけ繰り返す

誰かの望むような僕になりたいような
そうじゃないような
ただ自分の思うように生きていけたなら
きっと楽なのに

ねぇ君が言ってた「大人ね」
ってあの言葉は褒めてたの?
けなしてたの?って今なら
わかるのさ

重い荷物を背負っていたって
自分で始めたものじゃなくたって
そう進み続けられたら
いつの間にか大切なものに
めぐり会っていたりするんだ
走って歩いてさぼってまた歩こう
意味を探すんじゃなく
僕が意味を与えられたら

自力と他力の真ん中で
もがき続ける不甲斐ない今日も
積み重ねて笑っていれば
誰かの為になる事もあるかもね

僕が歌うこの歌が
遠くの誰かの気持ちを
動かしてまたその人が
誰かの為になってさ
巡り巡って誰かが君を幸せにしたら
あの日僕が君にした約束も
ほら嘘じゃなかったでしょ
って事にしてもらえないかな?

そして今度は
目の前の人を幸せにしよう
それだけでどんな過去も
救えるんだ

重い荷物を背負っていたって
自分で始めたものじゃなくたって
そう進み続けられたら
いつの間にか大切なものに
めぐり会っていたりするんだ
走って歩いてさぼってまた歩こう
意味を探すんじゃなく
僕が意味を与えられたら

【歌詞】ヒロイン(back number, バックナンバー)

【歌詞】
ヒロイン
(back number, バックナンバー)

君の毎日に 僕は似合わないかな
白い空から 雪が落ちた
別にいいさと 吐き出したため息が
少し残って 寂しそうに消えた

君の街にも 降っているかな
ああ今隣で

雪が綺麗と笑うのは君がいい
でも寒いねって嬉しそうなのも
転びそうになって掴んだ手のその先で
ありがとうって楽しそうなのも
それも君がいい

気付けば辺りは ほとんどが白く染まって
散らかってた事 忘れてしまいそう
意外と積もったねと メールを送ろうとして
打ちかけのまま ポケットに入れた

好まれるような 強く優しい僕に
変われないかな

雪が綺麗と笑うのは君がいい
出しかけた答え胸が痛くて
渡し方もどこに捨てればいいかも分からずに
君から見えてる景色に
ただ怯えているんだ

思えばどんな映画を観たって
どんな小説や音楽だって
そのヒロインに重ねてしまうのは君だよ
行ってみたい遠い場所で見たい夜空も
隣に描くのはいつでも

見慣れたはずの 街がこんなにも
馬鹿だなぁ僕は

君の街に白い雪が降った時
君は誰に会いたくなるんだろう
雪が綺麗だねって誰に言いたくなるんだろう
僕は やっぱり僕は

雪が綺麗と笑うのは君がいい
でも寒いねって嬉しそうなのも
転びそうになって掴んだ手のその先で
ありがとうって楽しそうなのも
全部君がいい

英語の意味、歌の歌詞と解釈、タイトルの読み方、発音を紹介