【歌詞】はなびら(back number/バックナンバー)

【歌詞】はなびら(back number/バックナンバー)

桜の花が舞い落ちるこの景色を
いつか僕たちは並んで見ていた
今ではそのほとんどが嘘になってしまった言葉を
心から伝え合いながら

見上げれば空は
君に見せたいくらい綺麗で
耳をすませば
今でも君の声が聞こえる

抱きしめても
春ははなびらのように
僕の腕をすり抜けて
それでも忘れたくなくて
何度も何度も
巻き戻して
君ともう一回出会って
もう一回恋したいんだって
今度はもう離さないよ
離さない

歩道橋の上にも横断歩道の向こうにも
駐車場の緑のフェンスの前にも
いたる所で君の想い出が笑ってて
ずいぶん住みにくい街になったな

言い忘れたけど君の事がまだ好きだよ
ひとりでつぶやいただけなのにな
溢れてくる

抱きしめても
春ははなびらのように
僕の腕をすり抜けて
それでも忘れたくなくて
何度も何度も
巻き戻して
君ともう一回出会って
もう一回恋したいんだって
今度はもう離さないよ
嘘じゃない

枯れ落ちた花があの日と同じ風に吹かれて
終われなかった恋をつれて今
舞い上がってく

抱きしめても
春ははなびらのように
僕の腕をすり抜けて
それでも忘れたくなくて
何度も何度も
巻き戻して
君ともう一回出会って
もう一回恋したいんだって
今度はもう離さないよ
離さない
君を離さない

【歌詞】花束(back number/バックナンバー)

【歌詞】
花束
(back number/バックナンバー)

どう思う?これから2人でやっていけると思う?
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいたいと思ってるけど
そうだねだけどさ最後は私がフラれると思うな
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいてみようよ

浮気しても言わないでよね
知らなければ悲しくはならないでしょ
信用ないなぁ僕は僕なりに
真っ直ぐに君と向かい合いたいと思ってるよ

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
思い出す度にニヤけてしまうような想い出を君と作るのさ
そりゃケンカもするだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
ごめんごめんありがとうごめんくらいの
バランスになる危険性は少し高めだけど
許してよ

今までの僕は
曲がった事ばっかだった気がするんだよ
だからせめて君のとこには
まっすぐにまっすぐに走ってくよ

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
甘い甘いこの気持ちを二人が忘れなければ
何も問題はないじゃない
ケンカもするんだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
君とならどんな朝も夜も夕方だって
笑い合って生きていけるんじゃないかと
思うんだよ

どう思う?これから2人でやっていけると思う?
んんどうかなぁでもとりあえずは
僕は君が好きだよ

【歌詞】ハッピーエンド (back number/バックナンバー)

ハッピーエンド
(back number/バックナンバー)

さよならが喉の奥につっかえてしまって
咳をするみたいにありがとうって言ったの
次の言葉はどこかとポケットを探しても
見つかるのはあなたを好きな私だけ

平気よ大丈夫だよ優しくなれたと思って
願いに変わって最後は嘘になって

青いまま枯れてゆく
あなたを好きなままで消えてゆく
私みたいと手に取って
奥にあった想いと一緒に握り潰したの
大丈夫 大丈夫

今すぐに抱きしめて
私がいれば何もいらないと
それだけ言ってキスをして
なんてね 嘘だよ ごめんね

こんな時思い出す事じゃないとは思うんだけど
一人にしないよってあれ実は嬉しかったよ
あなたが勇気を出して初めて電話をくれた
あの夜の私と何が違うんだろう

どれだけ離れていてもどんなに会えなくても
気持ちが変わらないからここにいるのに

青いまま枯れてゆく
あなたを好きなままで消えてゆく
私をずっと覚えていて
なんてね 嘘だよ 元気でいてね

泣かない私に少しほっとした顔のあなた
相変わらず暢気ね そこも大好きよ

気が付けば横にいて
別に君のままでいいのになんて
勝手に涙拭いたくせに
見える全部聴こえる全て
色付けたくせに

青いまま枯れてゆく
あなたを好きなままで消えてゆく
私みたいと手に取って
奥にあった想いと一緒に握り潰したの
大丈夫 大丈夫

今すぐに抱きしめて
私がいれば何もいらないと
そう言ってもう離さないで
なんてね 嘘だよ さよなら

【歌詞】はじまりはじまり(back number/バックナンバー)

はじまりはじまり
(back number/バックナンバー)

あぁ 送ったメールをまた読み返して
やっぱり最後は疑問形がよかったな
あぁ 本当はもう少し面白い話
できるんだよ
目を閉じて思い出す
僕の好きな顔と声を

あなたに巡り会えたのは
本当に良かった
景色は踊りだす
きっと脈はないけど
明日の夜こそは電話を
掛けてみるよ
意味ない電話の意味に
気付いてくれれば

あぁ 結局メールは返ってこない
やっぱり寝たフリをして
朝返せばよかったな
あぁ 本当はもう少し男らしいところも
持っているよ
鳴かぬなら鳴くまで待つ
それじゃきっと何も起こらないよな

あなたに巡り会えたのは
本当に良かった
景色は踊りだす
きっと脈はないけど
明日の夜こそは電話を
掛けてみるよ
意味ない電話の意味に
気付いてくれれば

そういえばまだ
彼氏がいるかいないかも
まだ聞いていないんだった
こんなペースじゃ
日が暮れてしまうどころか
昇ってしまうよ

あなたに巡り会えたのは
本当に良かった
景色は踊りだす
あんまり脈はなくても
明日の夜こそは電話を
掛けてみるよ
意味ない電話の意味に
気付いてくれれば

そもそも気付いてほしいとか
言っている時点で
おすすめできるような
男ですらないけど
それでも
最後の最後には
なんとなく
きちんと言えるような
気がしてるよ
もう少し待ってて

【歌詞】ハイスクールガール (back number/バックナンバー)

ハイスクールガール
(back number/バックナンバー)

ああ明日になったら君は彼女に

ああ明日になったら君が彼女になってないかな
そうしたらもう何もいらないのにな
君がいないとたぶん死んじゃうんだよ
目の前にいなければ こんな簡単に言えるのになぁ

君を一体何に例えたら この愛は伝わるだろうか
こんな出だしの手紙では気持ち悪がられるよな
なんとか君の気を引きればと色々考えてんだ
けどくだらない事しか思いつかないのさ

ああ明日になったら君が彼女になってないかな
そうしたらもう何もいらないのにな
君がいないとたぶん死んじゃうんだよ
目の前にいなければ こんな簡単に言えるのになぁ

友達の誰に相談しても 結局はみんな同じで
当たっちゃえよとか砕けちゃえとか 完全に人事ですか
実際砕けたらどうすんだって 多分砕け散るんだって
どうしようどうしよう ああなんか眠くなってきた

ああ明日になったら君が彼女になってないかな
そうしたらもう何もいらないのにな
君がいないとたぶん死んじゃうんだよ
目の前にいなければ こんな簡単に言えるのになぁ

抱きしめたいし キスもしたいし

ああ明日になったら君が彼女になってないかな
そうしたらもう何もいらないのにな
君がいないとたぶん死んじゃうんだよ
目の前にいなければ こんな簡単に言えるのになぁ

ああ明日になったら君が彼女になってないかな
そうしたらもう何もいらないのにな
両腕じゃほら抱えきれないんだよ
この想いが早く溢れ出してしまえばいいのに

間違えて口が滑っちゃえばいいのになぁ

【歌詞】ネアンデルタール人(back number/バックナンバー)

ネアンデルタール人
(back number/バックナンバー)

なんでいつもあいつばっかみんなに 褒められんだ?頭来んなぁ。
持って生まれてきたものに 差を感じる 不公平だ

輝く姿にため息が出ちゃう その声を聴けばほら舌打ちが出ちゃう
嫉妬は1ミリもしてないけれど イライラモヤモヤが止められないよ

なんであいつと同じに歌えないんだよ 僕も天才ってチヤホヤされたいのに
やる事成す事全部斬新!すごいね! って言われたいのに 言われたいのに

なんでいつもあいつばっか女に モテまくるんだ?頭来んなぁ。
前世でそれはそれは良い事を たくさんした あぁそれだそれだ

扱う言葉に鳥肌が出ちゃう 有言実行のその態度に 鮫肌が出ちゃう
負けるつもりなんて 皆無なんだけど 現状この立ち位置に 甘んじてるんだ

なんであいつと同じに歌えないんだよ 僕も天才ってチヤホヤされたいのに
煮ても焼いても全部オシャレ!大好き! って言われたいのに 言われたいのに

本当はわかっているのさ あいつの方が重ねている
やるべき事をひたすら 一枚ずつ 一枚ずつ

ねぇ僕は本気を出し切れてないだけだよ なるべく油断しながらうかうか待っててよ
大器は晩成なんだよって ジュラ紀から決まってるんだよ
さぁ晩成を始めよう

僕は僕の歌しか歌えないよ だから僕を磨いていくしかないだろう
やる事全部全部やって してないって顔してやろう そしたらもう
妬んでるだけの 時間を終わりにしよう

【歌詞】遠吠え(back number/バックナンバー)

遠吠え
(back number/バックナンバー)

ポケットから手を出し 息を吹きかける 夜が明けてゆく
安物のデニムは 良く風を通す寒い寒い寒い 僕もいつか

夜景が見える 高層マンションに 住んでみたいな
美人な彼女に 僕の帰りを 待っていてほしいな
しぬほど美味しい料理を 毎日食べてみたいな

同じ道を行ったり 来たりして 人生が終わるのか なんか嫌だ

夜景が見える 高層マンションに 住んでみたいな
美人な彼女に 僕の帰りを 待っていてほしいな
しぬほど美味しい料理を 毎日食べてみたいな

世界中を旅して 奇麗なものを たくさん見たいな
欲しい物が全部 買えちゃうくらい お金がほしいな
努力が認められすぎて 毎日褒められたいな

夜景が見える 高層マンションに 住んでみたいな
美人な彼女に 僕の帰りを 待っていてほしいな
しぬほど美味しい料理を 毎日食べてみたいな

世界中を旅して 奇麗なものを たくさん見たいな
欲しい物が全部 買えちゃうくらい お金がほしいな
努力が認められすぎて 毎日褒められたいな

夢を夢と呼ばずに 目標と言える 強さが欲しいな
負けを負けと呼ばずに 経験と言える 強さが欲しいな
自分を認める強さを 君を忘れる強さを

【歌詞】東京の夕焼け(back number/バックナンバー)

東京の夕焼け
(back number/バックナンバー)

さぁ 改札を出たらもうそこは夢の街
という名の欲望と誘惑の街
さぁ 進め進めと押し寄せる人の波は
またどこかへ吸い込まれて行く

ぼんやりしてると アイツ田舎者だって
馬鹿にされそうだから
見上げないように 人にぶつからないように
ゆっくり歩き出した

東京の夕焼けは少しだけ窮屈そうだけど
思っていたよりもずっと 綺麗なオレンジ色なんだね
これから僕もいつかこの場所で 変わって行くのかな
忘れたくないな ここから見えてる全てが
眩しく輝いてる事

あぁ 世界にひとつだけと握りしめたもの
この街ではどこにでも売っていて
そう 新しくある為にみんな変わってく
本当は真似してるだけなのに

抱いた疑問と違和感に
慣れて何も感じなくなる前に
大きな声で言わないと
どうして笑顔のままで泣いてるの?

東京の夕焼けは少しだけ窮屈そうだけど
思っていたよりもずっと 綺麗なオレンジ色なんだね
涙が溢れてどうにもならない 夜にも出会うだろう
それでもいいさ これから見つける全てが
僕の中で光りますように

【歌詞】電車の窓から(back number/バックナンバー)

電車の窓から
(back number/バックナンバー)

生まれて育った街の景色を
窓の外に映しながら
銀色の電車は通り過ぎてく
僕を乗せて通り過ぎてゆく

なんにも知らずにただ笑ってた
あの頃には戻れないけど
もらった言葉と知恵を繋いで
今日もちゃんと笑えてるはず

電車の窓に見えたのは
あの日の僕と変わらない街
なぜだろう切なくなるのは
なぜだろう涙が出るのは

あの日に電車を見ながら
憧れ夢に見てたような
場所までもうすぐなのに
なぜだろう涙出るのは

すべてを投げ出す勇気もないのに
ただ愚痴をこぼしてた
あの頃から
欲しくて欲しくて
やっと手にした切符だって
何の迷いも
僕にはないはずなのに

電車の窓に見えたのは
あの日の僕と変わらない街
なぜだろう切なくなるのは
なぜだろう涙が出るのは

あの日に電車を見ながら
憧れ夢に見てたような
場所までもうすぐなのに
なぜだろう涙出るのは

なぜだろう
涙が出るのは
なぜだろう

【歌詞】手紙(back number/バックナンバー)

手紙
(back number/バックナンバー)

嬉しい事があった時に
誰かに言いたくなるのは
自分よりも喜んでくれる人に
育ててもらったからなんだろうな

身体がだるくなった時は
確か生姜とハチミツで
口うるさくて嫌でも思い出すよ
離れていても守られているんだ

あなたはずっと手を振って笑ってくれた
帰り道迷わないように
もし前を向けなくなった時も
振り返ればいつも見えるように
愛されている事に
ちゃんと気付いている事
いつか歌にしよう

思い上がって街を出て
思い知った挙句 途方に暮れて
追い越していく人を恨んでみたりして
それでもいつか自分の事
誇れるように そしてその時は
誇らしく思ってもらえるように

膝すりむいて帰った日は
なぜか僕より痛そうで
そんな記憶が形を変え今も
離れていても守られているんだ

あなたはずっと手を振って笑ってくれた
帰り道迷わないように
もし前を向けなくなった時も
振り返ればいつも見えるように
愛されている事に
ちゃんと気付いている事
いつか歌にしよう

ちゃんと返したい事
いつか歌にしよう

英語の意味、歌の歌詞と解釈、タイトルの読み方、発音を紹介