【和訳】When I’m Sixty Four – The Beatles |ホエン・アイム・シックスティー・フォー(僕が64歳になったら) – ビートルズ

When I’m Sixty Four
– The Beatles

When I get older
losing my hair
Many years from now
Will you still
be sending me
a valentine
Birthday greetings,
bottle of wine?
If I’d been out
till quarter to three
Would you lock the door?
Will you still need me,
will you still feed me
When I’m sixty-four?

You’ll be older too
And if you say the word
I could stay with you

I could be handy,
mending a fuse
When your lights have gone
You can knit a sweater
by the fireside
Sunday mornings
go for a ride
Doing the garden,
digging the weeds
Who could ask for more?
Will you still need me,
will you still feed me
When I’m sixty-four?

Every summer
we can rent a cottage
in the Isle of Wight
If it’s not too dear
We shall scrimp and save
Grandchildren on your knee
Vera, Chuck & Dave

Send me a postcard,
drop me a line
Stating point of view
Indicate precisely
what you mean to say
Yours sincerely,
wasting away
Give me your answer,
fill in a form
Mine for evermore
Will you still need me,
will you still feed me
When I’m sixty-four?
Ho!

ホエン・アイム・シックスティー・フォー
(僕が64歳になったら)
– ビートルズ

僕が歳をとって
髪の毛が無くなった時
かなり先の話だけど
それでも君はまだ
バレンタインデーに
プレゼントをくれるかな
誕生日のお祝いも
ワインをくれるかな?
夜中の3時15分前まで
外で遊んでたら
ドアの鍵を閉めちゃうかな?
まだ僕を必要として
僕にご飯を作ってくれてるかな
僕が64歳になっても

君も歳をとってるよね
君がそう言ってくれるなら
僕は君と一緒にいるよ

僕は役に立つよ
電気が切れちゃっても
ヒューズを直せるし
暖炉の横で
セーターだって編めるんだ
日曜の朝には
自転車に乗ろう
ガーデニングもやるし
草も抜くよ
それ以上に何か必要かい?
まだ僕を必要として
僕にご飯を作ってくれてるかな
僕が64歳になっても

凄く高価じゃなければ
毎年夏には
ワイト島にでも
コテージを借りようよ
節約してお金を貯めよう
孫達が膝の上に乗ってくるんだ
名前は、べラ、チャック、デイヴ

絵葉書を送ってよ
一言何か書いてよね
君の考えをしたためて
言いたい事をハッキリと
書いて欲しいんだ
敬具、なんて言葉は
いらないよ
君の答えを聞かせてよ
そのハガキに書いてさ
ずっと僕のものだって
まだ僕を必要として
僕にご飯を作ってくれてるかな
僕が64歳になっても
Ho!