「銀の涙」タグアーカイブ

【歌詞】銀の涙(三浦大知, みうらだいち)

【歌詞】
銀の涙
(三浦大知, みうらだいち)

そう 雨の中
滑る足で、行き急ぐ街
ああ 濡れている犬のよう
生きてる証拠の淋しさ

もう 怖くない
そんなふうに言ったって、怖い
勝負のとき
かるい靴で 飛び超えたい

素直になれないクセを
笑いとばしたきみ
迂闊にも 好きになった
孤独でいるより 胸が 痛い
愛を知るのは

そう 近くから
覗く瞳は、星みたいだな
ねぇ 理屈さえなくすほど
見つめたことなんてなかった

さぁ 時は行く
夢もたまに壊される
廃虚の跡
膝をかかえ そばにいたい

笑えるとき つらい時
少しだけ泣くきみ
抱きしめて耳をすまそう
どうしたんだ 今日は
銀の涙
雨がやまない

みんな同じ
それってやっぱり 違うだろ
かたちが違うから パズルが噛みあう

素直になれないクセを
笑いとばしたきみ
抱きしめて耳をすまそう
どうしたんだ 今日は
銀の涙、
雨がやまない