「序詞」タグアーカイブ

【歌詞】序詞(三浦大知, みうらだいち)

【歌詞】
序詞
(三浦大知, みうらだいち)

思えばこれまでの人生
海原に浮かぶ一艘の舟
身を粉にし得た対価で
どうにか防ぐ波風

自由を求め自由を恐れ
「いつか」という幻の声
行きたい場所が見つからない
帰りたい場所はあるのに

教えて
嗚呼
教えて
嗚呼

いつのまに削られ
均されてしまった
疑わず限度を
受け入れてしまった
腐敗した世界にも
花は咲くと
握りしめた種
今さら蒔く場所などなく
ただひとり立ち尽くす

答えを求めうつむいた
視界の隅に見慣れた靴
顔上げたその先に
朝日を背にした君

「ただいま」