「すべりだい」タグアーカイブ

【歌詞】すべりだい(三浦大知, みうらだいち)

【歌詞】
すべりだい
(三浦大知, みうらだいち)

あなたが八度七分の声を使うときは
必ずあたしに後ろめたいことがあるとき

汗ばんだって恥じらったって
訳もなく触れたがったりした
凍えたって甘えたって
ただの刹那に変わったふたり

そのときすべて流れ落ちた
冷たい秋はたった二度目でも
砂場の砂も気持ちもぜんぶ
ふたりの手で滑り落とした

あなたが脈略も無くキスをくれるときは
必ずあたしの機嫌を損ねた様なとき

そのときすべて壊れ落ちた
激しい雨には慣れていたけど
お得意の嘘や詮索ごっこが
最後のあそびへ導いていた

この所悔やんでばかり居る
口には決して出せないけど
今のあたしだったらあなたと
退らずに済む様な気がする
許されるなら本当はせめて
すぐにでも泣き喚きたいけど
拘っていると思われない様に
右眼で滑り台を見送って
記憶が薄れるのを待っている