【歌詞】ヒロイン(back number, バックナンバー)

【歌詞】
ヒロイン
(back number, バックナンバー)

君の毎日に 僕は似合わないかな
白い空から 雪が落ちた
別にいいさと 吐き出したため息が
少し残って 寂しそうに消えた

君の街にも 降っているかな
ああ今隣で

雪が綺麗と笑うのは君がいい
でも寒いねって嬉しそうなのも
転びそうになって掴んだ手のその先で
ありがとうって楽しそうなのも
それも君がいい

気付けば辺りは ほとんどが白く染まって
散らかってた事 忘れてしまいそう
意外と積もったねと メールを送ろうとして
打ちかけのまま ポケットに入れた

好まれるような 強く優しい僕に
変われないかな

雪が綺麗と笑うのは君がいい
出しかけた答え胸が痛くて
渡し方もどこに捨てればいいかも分からずに
君から見えてる景色に
ただ怯えているんだ

思えばどんな映画を観たって
どんな小説や音楽だって
そのヒロインに重ねてしまうのは君だよ
行ってみたい遠い場所で見たい夜空も
隣に描くのはいつでも

見慣れたはずの 街がこんなにも
馬鹿だなぁ僕は

君の街に白い雪が降った時
君は誰に会いたくなるんだろう
雪が綺麗だねって誰に言いたくなるんだろう
僕は やっぱり僕は

雪が綺麗と笑うのは君がいい
でも寒いねって嬉しそうなのも
転びそうになって掴んだ手のその先で
ありがとうって楽しそうなのも
全部君がいい

【歌詞】ひとくいにんげん(back number, バックナンバー)

【歌詞】
ひとくいにんげん
(back number, バックナンバー)

足りないのは酸素なのか
自分の居場所なのか
どうしてこんなにも
満たされずにいるのか

有象も無象も束になって
返り血なんて気にしないで
踏み潰して歩けばいい
未来の自分へと

理想に現実が降り注いで
大事な犠牲がいくつもあって
でも生きるにはそれごと
真っ二つにして
いただきますと手を合わせて

シンプルに言えば誰もが
特別じゃないって事
弱けりゃ黙って
食われてろよって事だろ

足りない足りないよ
こんなもんじゃ
もっと僕にちょうだいよ
研ぎ澄まされた感性を

有象も無象も束になって
返り血なんて気にしないで
踏み潰して歩けばいい
未来の自分へと

理想に現実が降り注いで
大事な犠牲がいくつもあって
でも生きるにはそれごと
真っ二つにして
いただきますと手を合わせて

【歌詞】光の街(back number, バックナンバー)

【歌詞】
光の街
(back number, バックナンバー)

橋から見える川の流れは今日も穏やかで
日差しを反射してキラキラと海へ向かってゆく
借りてきた映画は夕飯の後観ようねと
はりきってるけどいつだって君は寝てしまう

思い出は時間をかけて美しくなってゆくけど
今見えるこの景色もこれはこれで

君は知っているのだろうか
こんなにも救われている僕を
こんなにも世界が輝いて見えてる事を
今君の見ている空や街は
どんな色に見えているんだろう
聞いてみよう君が眠ってしまう前に

コンビニのくじで当たったアイスを食べながら
自分で買うのより美味しいね別に同じだろ
文句を言うならあげないよとにらんでいる
君から僕は大切なものをもういくつももらったよ

遠くばかり探してとらわれて見失う僕に
こっちだよはやく行こうって手を引いて

君は知っているのだろうか
こんなにも救われている僕を
こんなにも世界が輝いて見えてる事を
今君の見ている空や街が
同じように輝いてるなら
探し物を僕はもう見つけていたんだろう

【歌詞】パレード(back number, バックナンバー)

【歌詞】
パレード
(back number, バックナンバー)

さようなら両想い(仮)
こんにちは片想い
寄りかかって来たあの時も
普通につまずいただけさ
今は祈ろう彼が浮気でもして
君にビンタされる日を
僕はそんな事しないと思うので
今度ぜひ僕の腕の中へ

思い切りの良い勘違いを
し続けられなかった僕はこれから
片想いゾーンに突入
あと少しのとこで危うく
好きとか言うとこだった
まさか彼氏がいるとは
思いもしなかったな

共通の友人の話では割と
普通にうまくいってるそうだ

さようなら両想い(仮)
こんにちは片想い
やけに近かったあの時も
少し飲みすぎていただけさ
さぁ堪えよう彼だけに見せる
あんな姿こんな姿の
君など想像してないで
あぁなんで 僕だって見たいのにな

君を奪い去る為に足りないものは何?
顔、身長、判断力、お金、特技、
あとほらオシャレな服とか

さようなら両想い(仮)
こんにちは片想い
メールの返事が早いのも
君がちゃんとした人なだけさ
神に祈ろう何らかの理由で
二人に終わりが来る事
君には幸せになってほしい
でもそれはぜひ僕の腕の中で

年内にでも僕の腕の中へ

【歌詞】僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい(back number, バックナンバー)

【歌詞】
僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい
(back number, バックナンバー)

僕の世界は君を中心に
回っていると言っても過言じゃない
これから生み出す全てを
捧げても構わない

これには あのクレオパトラでさえも
ご納得いただけるクオリティの
ご提供となるはずだったのにな
いらないって言われりゃそれまで

僕は君の事が好きだけど
君は僕を別に好きじゃないみたい
答えがあまりにシンプル過ぎて
もうね何も言えないね
ぐうの音も出ないってこの事だね
でも気が済むまで
好きでいるけど
あんまり気にしないで

嫌われないように生きる僕では
君には好かれないって一体何なんだい
フラれてからずっと考えてるけど
謎は深まるばかり

これには あの少年名探偵でさえも
途中で泣き出して家に帰ります
誰より大事にしたいと思う
僕じゃなんでダメなんだろうな

僕は君の事が好きだけど
君は僕を別に好きじゃないみたい
彼氏がいるわけじゃないみたいだし
そうか 好みじゃないのね
絶望って言葉がぴったりだね
押しても駄目なら
引いてみようかな
いやきっと気付かれもしない

本当に僕が欲しかったものは
ちゃんと言えたんだって記憶でも
明日の強い自分でもなくて
君なんだ 君が欲しかったんだ

僕は君の事が好きだけど
君は僕を別に好きじゃないみたい
それなら仕方ないってならなくて
今日も行き場の無い想い
身体中に詰め込んでパンパンだぜ
もうやけくそだって
バカなフリして
来週また言ってみようかな

毎週言ってみようかな

【歌詞】バースデー(back number, バックナンバー)

【歌詞】
バースデー
(back number, バックナンバー)

嘘をついてる事も 我慢してる事のひとつに なるのかな
嘘でも愛しているって 言っても喜んでくれたなら いいのかな
一体僕の手は 何を守っていたんだろう?

人の心は見えないし 見えた所できっと悲しい
愛想笑いは無くなるけど たぶんドラマも無いな

時には優しい嘘が 真実よりも重宝されて
誰かを救う事もあるから 仕方がないかな

理由をつけては 自分を棚に上げ
腐ってゆく心に蓋を しめて笑ってた

今日新しい 自分を始めよう
明日になって こんな気持ちが ごまかされちゃう前に
全部無駄にした そう思っていた
偶然の出会いだって 駄目な日々だって
大事なものにまた 変えられるはず

わかっててズルをして わかってて人を傷つけて
自分の事は見て見ぬ振り できやしないのに
案の定誰よりも 近くで見てた僕の心は
蓋を開けたら もうなくなってた

もうあの頃の汚れを知らずに 輝いてた少年は死んで
ここにいないから

今日新しい 自分を始めよう
明日になって こんな気持ちが ごまかされちゃう前に
全部無駄にした そう思っていた
偶然の出会いだって 駄目な日々だって
大事なものにまた 変えられるはず

【歌詞】半透明人間(back number, バックナンバー)

【歌詞】
半透明人間
(back number, バックナンバー)

君の前から姿を消すって言ったのに
きちんと姿を消せない僕はきっと半透明
他の誰かのとなりに居場所を見つければ
ちゃんと消えられるはずなんだよ

君はきっと優しすぎて
僕はきっとそれを望みすぎて
もう顔も見たくないと思うから
形も残らぬように

君の前から姿を消すって言ったのに
君の番号消せない僕はきっと半透明
他の誰かのとなりに居場所を見つければ
ちゃんと消えられるはずなんだよ

今も目を凝らせば
笑ってた君も泣いてた君も
ぼんやり見えてくるよ
なんだそうか君も半透明じゃないか

どうして君は
嫌いだともう好きじゃないと
きちんととどめをさして
出ていってくれなかったの
だってそうだろう
終わってもいない事だけは
忘れられるはずがない

君の前から姿を消すって言ったのに
きちんと姿を消せない僕はきっと半透明
他の誰かのとなりに居場所を見つければ
ちゃんと消えられるはずなんだよ

【歌詞】反省線急行自宅行き(back number/バックナンバー)

【歌詞】
反省線急行自宅行き
(back number/バックナンバー)

最初からさっきまで 1日思ってたのは
君が好きなんだって事と 君に嫌われたくないなって

想いが混じり合って 強いはずの気持ちをいつのまにか
弱い心が丸め込んで なにもできないまま

泣きたい気持ちを抱きしめて
暗い道を一人きり走ってるのさ
君に言えずに飲み込んだものが
この胸の奥でつかえてるのさ

考えて考えてやっと出てきた答えは
練習嫌いで本番に
弱い俺はこれからどうするの

なんとなく分かってんだ 返ってくる言葉もそのわけも
知らぬフリして抱きしめる 予定は晴天延期です

会いたい気持ちを引きずって
暗い道を一人きり走ってるのさ
君に言えずに飲み込んだものが
この胸の奥で叫んでるのさ

ありふれた思い出に そのうち変わってしまうだろう
この痛い悔しいこれが いつ淡く変わるんだろう

泣きたい気持ちを抱きしめて
暗い道を一人きり走ってるのさ
君に言えずに飲み込んだものが
この胸の奥で暴れ出す

会いたい気持ちを引きずって
暗い道を一人きり走ってるのさ
君に言えずに飲み込んだ俺を
目に見える全てが笑ってるのさ

【歌詞】はなびら(back number/バックナンバー)

【歌詞】はなびら(back number/バックナンバー)

桜の花が舞い落ちるこの景色を
いつか僕たちは並んで見ていた
今ではそのほとんどが嘘になってしまった言葉を
心から伝え合いながら

見上げれば空は
君に見せたいくらい綺麗で
耳をすませば
今でも君の声が聞こえる

抱きしめても
春ははなびらのように
僕の腕をすり抜けて
それでも忘れたくなくて
何度も何度も
巻き戻して
君ともう一回出会って
もう一回恋したいんだって
今度はもう離さないよ
離さない

歩道橋の上にも横断歩道の向こうにも
駐車場の緑のフェンスの前にも
いたる所で君の想い出が笑ってて
ずいぶん住みにくい街になったな

言い忘れたけど君の事がまだ好きだよ
ひとりでつぶやいただけなのにな
溢れてくる

抱きしめても
春ははなびらのように
僕の腕をすり抜けて
それでも忘れたくなくて
何度も何度も
巻き戻して
君ともう一回出会って
もう一回恋したいんだって
今度はもう離さないよ
嘘じゃない

枯れ落ちた花があの日と同じ風に吹かれて
終われなかった恋をつれて今
舞い上がってく

抱きしめても
春ははなびらのように
僕の腕をすり抜けて
それでも忘れたくなくて
何度も何度も
巻き戻して
君ともう一回出会って
もう一回恋したいんだって
今度はもう離さないよ
離さない
君を離さない

【歌詞】花束(back number/バックナンバー)

【歌詞】
花束
(back number/バックナンバー)

どう思う?これから2人でやっていけると思う?
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいたいと思ってるけど
そうだねだけどさ最後は私がフラれると思うな
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいてみようよ

浮気しても言わないでよね
知らなければ悲しくはならないでしょ
信用ないなぁ僕は僕なりに
真っ直ぐに君と向かい合いたいと思ってるよ

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
思い出す度にニヤけてしまうような想い出を君と作るのさ
そりゃケンカもするだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
ごめんごめんありがとうごめんくらいの
バランスになる危険性は少し高めだけど
許してよ

今までの僕は
曲がった事ばっかだった気がするんだよ
だからせめて君のとこには
まっすぐにまっすぐに走ってくよ

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
甘い甘いこの気持ちを二人が忘れなければ
何も問題はないじゃない
ケンカもするんだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
君とならどんな朝も夜も夕方だって
笑い合って生きていけるんじゃないかと
思うんだよ

どう思う?これから2人でやっていけると思う?
んんどうかなぁでもとりあえずは
僕は君が好きだよ

英語の意味、歌の歌詞と解釈、タイトルの読み方、発音を紹介