【歌詞】割れたスマホ(欅坂46, けやきざか46)

【歌詞】
割れたスマホ
(欅坂46, けやきざか46)

どこかで誰かに
ディスられてるようで
どんよりしてる今日の僕さ

気になんかしてない
言ってたけど
どうして落ち着かないのだろう?

※くり返し
画面が (画面が) 割れたまま (割れたまま)
使ってるスマートフォン
心は (心は) いつ落としたのか?
愛も傷だらけ

どこかで誰かを
ディスってしまいたい
許すことなど 受け入れられない

孤独になるのは
自分らしくいられる
やっと見つけた唯一の場所さ

嫌われたっていい
慣れてるはず
どうして反論したいのだろう?

機種変 (機種変) しようかな (しようかな)
新しいスマートフォン
すべてが (すべてが) また始まるなら
生まれ変われるさ

孤独になるのは
自分を守るため
信じられたら もうここにいない

※くり返し

どこかで誰かが
ディスられていたって
僕には全然 関係ないこと

【歌詞】夕陽1/3(欅坂46, けやきざか46)

【歌詞】
夕陽1/3
(欅坂46, けやきざか46)

最後のチャイムが鳴り終わり
(なんとなく)
階段登って 誰もいない場所まで
(一人きり)

校舎の屋上 風の中
(ぼんやりと)
錆びた手すりの上で頬杖ついてた
(地平線)

遮るもの 何もないから
込み上げる感情に正直になれるんだ

※くり返し
夕陽 1/3
沈み始めて
なぜだろう 涙溢れる
空が赤く染まるその一瞬は
今日という日の独り言
どんな幸せも悲しみもすべて
少しずつ暗闇に消える

ここから見下ろす校庭は
(ただ広く)
部活が終わって帰る影の俯瞰図
(寂しいね)

長めのマフラー 巻き直し
(肌寒い)
低い一番星をあそこに見つけた
(雲の横)

誰からも邪魔をされずに
考え事しながら この景色眺めてた

夕陽 1/3
まだ残ってる
止まらない 頬の涙
全部 やりたいことできなくても
こんなキレイに終わりたい
時間はまた次の星空を連れて
新しい思い出を作る

人は皆 何か見送り
今日よりもいい明日(あす)が来ることを信じてる

※くり返し

【歌詞】もう森へ帰ろうか?(欅坂46, けやきざか46)

【歌詞】
もう森へ帰ろうか?
(欅坂46, けやきざか46)

もう森へ帰ろうか?
街には何もなかった
想像してた世界とは
かけ離れていたよ

こんな土も緑もない
狭い土地に
人間は何に惹かれて
暮らし始めようとするのか?

喧騒の中で
愛 語り合っても
鉄やコンクリートは
温もりを伝えやしない

風の噂に洗脳されて (洗脳されて)
存在しない夢を見ていたんだ

もう森へ帰ろうか?
このまま手ぶらでもいい
僕たちのユートピアは
現実逃避だった
誰かと
(誰かと)
競い合って
(競い合って)
生きるなんて
(空(むな)しい)
もう やめよう
(さよなら)

空はなぜか青くもなく
汚れている
街にやって来てから
深く息もしてなかった

誰もがこぞって
ここを目指しているなら
きっと理想的な
しあわせがあるって思った

時間とルールに縛られて (縛られて)
住人たちは何を諦めた?

あの森へ帰りたい
離れて気がついたんだよ
僕たちが信じてた
世界はフェイクだった
真実を
(真実を)
隠し合って
(隠し合って)
何のために
(泣いてるの?)
もう ごめんだ
(悲しい)

自分はどこにいる?
空の太陽よ 教えてくれ

もう森へ帰ろうか?
何度も思い直した
僕たちの行き先は
どこにも見つからない
ここから
(ここから)
振り返れば
(振り返れば)
輝いてる
(故郷よ)
あの森こそ
(ユートピア)

【歌詞】また会ってください(欅坂46, けやきざか46)

【歌詞】
また会ってください
(欅坂46, けやきざか46)

「また会ってください」
その一言が言えない
あなたに負担をかけてしまいそうな気がして…

夕暮れの緩い坂道を歩く
木漏れ日がなぜか切なく感じた

初めての恋は
眼差しもぎこちなく
時間が急ぎ足で
あっという間に通り過ぎてく

「また会ってください」
そっと心がつぶやく
あなたの背中を斜め後ろからついて行く
思い出はできたけど
伝えきれない事ばかり
もう少し 近くで話せたら
幸せだったのに…

寂しさの風が木々たちを揺らし
ひぐらしが名残惜しそうに鳴いた

憧れの影は
すぐそばを歩くのに
距離が縮まらない
恋の歩幅はもどかしいもの

「また会ってください」
勇気を出して言いたい
何度もあなたに声を掛けようとしたけれど
もう家が見えて来て
微笑みながら立ち止まる
「じゃあね」ってあなたから言われたら
黙って頷くだけ

「今度はいつ会える?」
あなたの声が聞こえた
通りの向こうで私に向かって叫んでる
そう一度はあきらめた
次のチャンスが嬉しくて
「いつでも」って微笑んで答えたら
あなたがピースした

【歌詞】ボブディランは返さない(欅坂46, けやきざか46)

【歌詞】
ボブディランは返さない
(欅坂46, けやきざか46)

黄昏色の
冷めてる紅茶
大好きなのに
手もつけられない

じっと見つめて
謝らないで
私の恋が
可哀想になる

あなたが教えてくれた
ボブディランを返さなきゃ…

※くり返し
思い出はいつも
整理ができなくて
あの日から何かを借りっぱなしで…
まだきっと 心のそのどこかで
愛しさが悲しみに紛れているよ

黄昏色の
カップの底に
溶けないままの
恋の角砂糖

そんなやさしく
見つめられたら
あなたのことを
あきらめられない

今朝まで何度も聴いた
ボブディランは返さない

サヨナラをちゃんと
用意して来たのに
寂しさが散らかって見つからない
ねえもっと 嫌いになれるくらい
傷つけるひどいこと言ってください

学生街のこの店に
2人でよく来たけれど
いつの日にか 1人でも
ドアを開けるでしょうか?

※くり返し

黄昏色の
冷めてる紅茶
飲んでしまえば
楽になれるのに…

【歌詞】僕たちは付き合っている(欅坂46, けやきざか46)

【歌詞】
僕たちは付き合っている
(欅坂46, けやきざか46)

※くり返し
僕たちは付き合っていると叫びたくなる
このままずっと 秘密にできない
友達にも気づかれないようにするなんて
馬鹿馬鹿しいと思うから
ちゃんとオープンにしようよ

誰か一緒にいる時
わざと距離を置いてみたり
目を合わせずに頷(うなず)く
二人 (二人) なんだか不自然で (不自然で)
細かすぎる気の遣い方が
ぎこちななくて切なくなるよ

だって君があいつの
昔の彼女なだけ
二年も前の話じゃないか
何にも悪いことしてない

僕たちは付き合っていると宣言しよう
みんなの前ではっきりさせよう
もしも君が何か言われたら受けて立つ
出会いの順番
神様はどうして間違えたんだろう

一瞬 きょとんとしていた
あいつの顔 そうみんなも
何を言い出したんだって…
だけど (だけど) ホントのサプライズは (サプライズは)
そんなことはここにいる全員
もう前から知っていたこと

そして あいつが僕に
大事にしてやれよと
祝福して握手求める
微妙な男のプライドだ

※くり返し

誰も旅人だ
出会い別れ繰り返し
最後のこの場所で
やっと僕たちの恋に辿り着いたんだ

僕たちは付き合っていると叫んでもいい
今日までずっと言えなかったけど
隠したって すぐにバレるから恋なんだ
何となく 何となく
空気でわかってしまう
惹かれ合った
そのしあわせ
滲み出す
正々堂々 僕たちは
ここでキスだってできるんだ

【歌詞】僕たちの戦争(欅坂46, けやきざか46)

【歌詞】
僕たちの戦争
(欅坂46, けやきざか46)

君のパパが二人のこと反対してると聞いて
そばのペットボトルを壁に投げた
キャップが外れ吹き出した泡は止められない (感情)
僕の何を知っていると言うのだ?

落ち着いて!なんて
説得されたって
ここでどんな顔すればいい?
しょうがないと引き下がれるのか?
そして君はこんな僕より
お似合いの誰かを探すのか?

※くり返し1
愛はたった一つだけだ
ここで失えば絶対 見つからない
繋いでる僕の手を離すな
何があったって
君を僕は命を懸けて幸せにするよ
WOW…

雨が吹き込むから窓を閉めた方がいいと
勝手に言われてる気がして来た
心を叩いてずぶ濡れの僕が待ってるのに (無視して)
拒絶された鍵はどこにあるんだ?

時間が欲しいと
そんな泣かれたって
君が悪いわけじゃないだろう
もうこれ以上 苦しめたくない
僕がいなくなってしまえば
微笑みは帰って来るのかい?

※くり返し2
愛の答え一つだけだ
誰の愛しさを正しいとするか?
信じ合うその強さしかない
もしも強引に
僕が君を連れ出したって傷つけるだけ

今 僕は怒りに震える
そうさ 何もできない無力さに…
転がったボトルのキャップを戻して
少しは冷静になったら…
(何か変わる?)
手についた不快な感触は
洗うだけで忘れてしまえるのか?
WOW

※くり返し1
※くり返し2
WOW…

【歌詞】微笑みが悲しい(欅坂46, けやきざか46)

【歌詞】
微笑みが悲しい
(欅坂46, けやきざか46)

※くり返し
微笑みが悲しいって
言って 見つめ合った
今 初めて気づく
もう何も言わないで
ずっとこのままがいい
やさしさに泣いてしまった

教室の窓際 白いカーテン
その内側に包まれて
大親友なのに黙り込んだ
でも喧嘩したわけじゃない

クラスの中で好きな人のこと
告白をし合って
同じ彼だとわかった時から
心が苦しくなった

微笑みは切ないって
まさか そんなことを
そう 経験していない
お互いの指先を
そっと絡めるように
温もりを確かめ合った

私たちの恋が どっちか一人
もし叶ったら どうなるの?

友達としてちゃんと喜べるか
少しだけ不安よ
だけどどこかでぎこちなくなって
自分を嫌いになりそう…

※くり返し

微笑みに嘘はないよ
絶対 ホントのこと
ほら 眼差しのその奥
少しだけ濡れてても
すぐにいつものような
大切な二人になれる

【歌詞】【和訳あり】二人セゾン(欅坂46, けやきざか46)

【歌詞】【和訳あり】
二人セゾン
(欅坂46, けやきざか46)

二人セゾン
二人セゾン
春夏で恋をして
二人セゾン
二人セゾン
秋冬で去って行く
一緒に過ごした季節よ
後悔はしてないか?
二人セゾン

道端咲いてる雑草にも
名前があるなんて忘れてた
気づかれず踏まれても
悲鳴を上げない存在

誰かと話すのが面倒で
目を伏せて聴こえない振りしてた
君は突然
僕のイアホン外した

What did you say now?
君は今何を言ったの?

太陽が戻って来るまでに
大切な人ときっと出会える
見過ごしちゃもったいない
愛を拒否しないで

君はセゾン
君はセゾン
僕の前に現れて
君はセゾン
君はセゾン
日常を輝かせる
昨日と違った景色よ
生きるとは変わること
君はセゾン
HA-

街を吹き抜ける風の中
何かの香りがしてたのに
振り返る余裕とか
興味もなかった

自分の半径1m
見えないバリア張った別世界
そんな僕を
連れ出してくれたんだ

What made you do that?
何が君にそうさせたの?

一瞬の光が重なって
折々の色が四季を作る
そのどれが欠けたって
永遠は生まれない

二人セゾン
二人セゾン
春夏で恋をして
二人セゾン
二人セゾン
秋冬で去って行く
儚く切ない月日よ
忘れないで

花のない桜を見上げて
満開の日を想ったことはあったか?
想像しなきゃ
夢は見られない
心の窓

春夏秋冬 生まれ変われると
別れ際 君に教えられた

君はセゾン
君はセゾン
僕の前に現れて
君はセゾン
君はセゾン
日常を輝かせる

二人セゾン
二人セゾン
春夏で恋をして
二人セゾン
二人セゾン
秋冬で去って行く
初めて感じたときめき
思い出はカレンダー
二人セゾン
HA-

僕もセゾン

【歌詞】不協和音(欅坂46, けやきざか46)

【歌詞】
不協和音
(欅坂46, けやきざか46)

僕は Yes と言わない
首を縦に振らない
まわりの誰もが頷いたとしても
僕は Yes と言わない
絶対 沈黙しない
最後の最後まで抵抗し続ける

叫びを押し殺す (Oh!Oh!Oh!)
見えない壁ができてた (Oh!Oh!)
ここで同調しなきゃ裏切り者か
仲間からも撃たれると思わなかった
Oh!Oh!

僕は嫌だ

※くり返し1
不協和音を
僕は恐れたりしない
嫌われたって
僕には僕の正義があるんだ
殴ればいいさ
一度妥協したら死んだも同然
支配したいなら
僕を倒してから行けよ!

君は Yes と言うのか
軍門に下るのか
理不尽なこととわかっているだろう
君は Yes と言うのか
プライドさえも捨てるか
反論することに何を怯えるんだ?

大きなその力で (Oh!Oh!Oh!)
ねじ伏せられた怒りよ (Oh!Oh!)
見て見ぬ振りしなきゃ仲間外れか
真実の声も届くって信じていたよ
Oh!Oh!

僕は嫌だ

※くり返し2
不協和音で
既成概念を壊せ!
みんな揃って
同じ意見だけではおかしいだろう
意思を貫け!
ここで主張を曲げたら生きてる価値ない
欺きたいなら
僕を抹殺してから行け!

ああ 調和だけじゃ危険だ
ああ まさか 自由はいけないことか
人はそれぞれバラバラだ
何か乱すことで気づく
もっと新しい世界

僕は嫌だ

※くり返し2
※くり返し1

英語の意味、歌の歌詞と解釈、タイトルの読み方、発音を紹介