浮ついた気持ち(back number/バックナンバー)

浮ついた気持ち
(back number/バックナンバー)

そうか僕の心はきっとあの時に死んでしまっていたんだ
だからこんなにも綺麗なものを綺麗と思えずに
君の目さえ見られずに

今更だけれど本当に君のことだけを
抱きしめて生きていけると思っていたんだよ

浮ついた僕の上で誰かが腰を振ってて
ゆらゆらただぼんやりその風景を眺めてたあの時
君への想いはきっと汚れてしまったんだろう
許してもらえないと分かってる
このキスが終わったら話そう

そうだ僕も同じ事されたっけ 君じゃなくて前の彼女に
体中の何かが逆流して目の前が真っ白になったんだ

泣きながら謝る彼女を僕は許せずに
それでも諦めきれずに 確か言ったんだよ

「君の間違いの上で誰かが腰を振ってて
ゆらゆらただぼんやりその風景を眺めてたあの時
君の魂はきっと汚れてしまったんだよ」
ああそうか 今目の前の君は
これからあんな気持ちになるのか

もう人の事言えないねって 誰かの声がする

僕の間違いの上で誰かが腰を振ってて
ゆらゆらただぼんやりその風景を眺めてたあの時
僕の魂はきっと汚れてしまったんだよ
許してもらえないと分かってる
このキスが終わったら話そう