【歌詞】北の風と太陽と(構康憲) みんなのうた

北の風と太陽と
(構康憲)
みんなのうた

ちぎれそうな風が吹き
朝を駆けぬける
ぶあついコート着て
独り立ちすくんだ

どうしてみんなは北風に 負けずにいられるんだろう
僕はすぐに負けてへこたれて 背を向け引き返す
だけど これじゃ 花を咲かせられない

新しい太陽が この道を 僕をてらして
勇気をくれたから
重いコート脱ぎすて歩きだそう 風に向かって
すぐそこに来てるよ 春風が

夢に見たあしたへと
まっすぐ一歩ずつ
けれどたまにうつむく
心細くもなる

いじわるな白い北風が 僕をためしにくる
立ち止まったほうが楽だよと ささやきかけるんだ
だけど すすまなきゃ あしたは見えない

新しい太陽が 希望を 未来を照らして
勇気をくれたから
北風は僕を 少しだけ強くしたみたい
だから会いにゆくよ 春風に