【歌詞】初音ミク 罪の名前 Project DIVA X Live Edit

初音ミク
罪の名前
Project DIVA X Live Edit

運命の女神様が目をとめた
「なんて可愛い赤ん坊だこと。
そうだわ!あの子に魔法をかけて遊びましょう」

くぼんた両目 痩せぎすな体
私を見れば誰もが言うのです
「化け物!
お前は同じ人間じゃないんだよ」と

悲しいなんて思わない だって
思えばほら また涙があふれてくるわ

もしも願いが一つ叶うなら
世界でたった一人だけの友達を
生きることは素晴らしいこと
そんな風に私も思ってみたい

「鼠はなんで嫌われるのでしょう?」
彼らは笑って「汚いからだろう」
「それなら答えて、目の見えない僕のために。

見てみぬふりに理不尽な差別、
それって鼠とどっちが汚い?」
後退る彼らに続けて言うんだ
「二度とするな!」

嬉しいのになぜでしょうか だって
涙がほら やっぱりあふれてくるのです

もしもなりたいものになれるなら
あなたの前では普通の女の子に
想うほどに胸が苦しい
どうして私は私なのですか?

君は優しい女の子
なのにいつも自分を責める
慰めてあげたい君を

そうだ ここに咲いた花を君にあげよう
それは見事な白いユリの花
そっと君の近くに置いていくよ

運命の女神様は意地悪だ
「醜いあの子を見たらどんな顔
するんでしょう、見ものね」
目よ治れと魔法をかける

花は黒く闇のように染まる
それは不吉な黒いユリの花
「お前に彼から贈り物だ、そら拾いなさい」

ああ これはきっと罰です だって
私が身の程知らずに恋をしたから

いっそ死んでしまえばいいのでしょう
あなたは叫ぶ
「泣かないで、僕がずっと
死ぬまで側にいる。だからさ、
今日から君は普通の女の子さ」

……それに見なよ?
悪夢のような魔法はほら
解けたみたい