【歌詞】はるかに蝶は(由紀さおり) みんなのうた

はるかに蝶は
(由紀さおり)
みんなのうた

はるかな海の かなたから
春をひらひら 舞いながら
渡ってくると 人のいう
まぼろしの蝶を しらないか

かすかにひかる 地平線
まだ見ぬ国を 夢みつつ
嵐にたえて けなげにも
かよわい蝶は 夜をとぶ

ある朝蝶は 陸をみる
いのちのかぎり はばたいて
春の香りを まきながら
しずかに蝶は虹となる

そのとき大地は 花ひらき
まぼろしの蝶は よみがえる
よみがえる よみがえる