あとのうた(back number/バックナンバー)

あとのうた
(back number/バックナンバー)

君の家までの道を決して通らないように
君とよく行った店を見ないように
君の好きだったあの歌に耳をふさいで
君を好きだった自分に蓋をして

思い出さないように細心の注意を払って
疲れて眠って目が覚めて 君に会いたくなる

僕は君を大切にしていたんだ 本当だって
信じられなかった君のせいだって

君に借りたものはまだ返せずにしまったままで
君にもらった服も捨てられないままで
君の口癖が移ったまま抜けてくれなくて
どんなふうに嘆いたって 結局は君の事ばっかりだなぁ

そうさ何十年も同じ気持ちではいられないのなら
今すぐこの気持ちも消えてくれていいのに

僕は少し強くなって生きてるんだ 本当だって
君がいなくなって大丈夫なんだ
それに今君を考えているのだって
引きずっていれば削れてなくなるって計算の上さ

ああこんなにも1日は長いのか
ああ僕はただ揺るがないこの悲しみを 君に

僕は君を大切にしていたんだ 本当だって
信じられなかった君のせいだって
それに君が大切にしてくれていたのだって
本当は知ってたんだ どうせならもっと

ちゃんと言えばよかった 君に言えばよかった
君も僕もちゃんと 想い合っているって

ちゃんと言えばよかった
ちゃんと言えばよかった