【歌詞】あくび猫(羊毛とおはな) みんなのうた

あくび猫
(羊毛とおはな)
みんなのうた

角の薬屋のぶちの猫 日向で今日もお留守番
しゃがむ僕を見て知らんぷり あくびを、ひとつ。
「僕だけ逆上がり できないんだ。」お前に話しても仕方がないけど
ぐるりと世界を一回り できたら、いいな。
夏の花が咲いた頃 一人で見上げた 夕空
本当の優しさってなんだろう? 僕にたりないもの

あくび猫が笑ったなら 僕の願いが叶うよ
あくび猫が泣いたなら 僕は途方に暮れてしまうだろう

角の薬屋のぶち猫 日向で今日もお留守番
嘆く僕を見てまた来たと あくびを、ひとつ。
「僕だけピーマン 食べれないんだ。」 お前の嫌いなものは何?
いつかあの味も「おいしい」と 言えたら、いいな。

西へ向かう鳥の群れ 遠くに消えてく 太陽
本当の強さってなんだろう? 僕に足りないもの

あくび猫が笑ったなら 僕の願いが叶うよ
あくび猫が泣いたなら 僕は途方に暮れてしまうだろう

屋根に消えた流れ星 そろそろお家へ 帰ろう
いつか叶う夢見て
あくびを、ひとつ。

あくび猫が笑ったなら 僕の願いが叶うよ
あくび猫が泣いたなら 僕は途方に暮れてしまうだろう