【歌詞】【和訳】茎-STEM-~大名遊ビ編~(椎名林檎)

【和訳】
茎-STEM-~大名遊ビ編~
(椎名林檎)

There’s a door here but it will not break
(ここに扉はあるけれど、破ることはできない)
There’s a stone there but it won’t remain
(そこに石があるけれど、覚えていないわ)
Up there a heaven now but it will not wait
(空には天国が、でも私を待ってはくれない)
And the lies there the scent of it just too much
(そして嘘はそこにある、その匂いがプンプンするの)
So should you
(だからあなたは)
Sow it once and make it grow
(縫い合わせて、大きくしていく)
the sweet clematis
(甘いクレマチスの花) *
Let it flower and paint it all of the colors bold
(飾り立て濃く色づけていきましょう)
Instantly things fall and fade
(すぐに全て堕ち霞んでいく)
return to silence
(静寂に戻っていく)
Why oh why why does it all feel so sorrowful?
(なぜなぜこんなにも全てが悲しいの?)
Dreams of what is real
(リアルなものを夢見ている)

There’s breath here but it will not break
(呼吸はあるけれど、弾むことはない)
There’s a face there but it won’t remain
(顔があるけれど、私は覚えていない)
Up there a heaven now but it knows no name
(空には天国が、でも誰の名も刻まれていない)
and the stain is the color of red through red
(赤より紅い色が染みついているわ)
And thus
(そしてこのようにして)
You cannot cry confuse the lies try to remember
(泣いてはいけない、嘘で惑わして、思い出そうとする)
When you rise you take you steps with a strong desire
(欲望とともに起き上がり足を進めたら)
Time goes by a breath it comes like something given
(時が来れば、吐息が何かを与えようとやってくる)
Why oh why why have these nightmares not long expired
(どうしてこんな悪夢は、すぐには消えてくれないの?)
the real is but a dream
(現実は、夢のようで)

From now on
(これからは)
should it grow and open full the sweet clematis
(成長し甘いクレマチスのように大きく花開く)
Flower bold but there’s no need for rejoicing more
(華やぐけれど、そこに喜びは必要ない)
Precious life this life just once it comes just one time
(素敵な人生、この1度きりの、1度しかない人生)
Keep it close keep it from ever just leaving you
(抱きしめて、あなたを捨てていくものからも護り抜く)
Crying tears confusing fears they are no longer
(流れる涙、混乱した恐怖、そんなものも今はなく)
When I stand I know I’ll never be down again
(立ち上がってしまえば、もう崩れることはないわ)
Nothing that I need now once it comes just one time
(もう何もいらない、たった1度きりのものだから)
Somehow somehow someone ah
(どうにか、どうにかして、誰か)
Entry Number One
(エントリーナンバー1番)

* クレマチスはキンポウゲ科の花でツル植物の女王と呼ばれている。