【歌詞】【和訳】What a Bringdown (Cream/クリーム)(Eric Clapton/エリック・クラプトン)

【和訳】
What a Bringdown
(Cream/クリーム)
(Eric Clapton/エリック・クラプトン)

Dainties in a jam-jar, Parson’s colour in the sky
Water in a fountain doesn’t get me very high
Moby Dick and Albert making out with Captain Bligh
ジャムのビンの中の甘いもの、空には人の作り出した色
噴水の水は僕を元気づけてはくれない
白鯨とアルバートは、ブライ船長と一緒に助かったんだ

So you know what you know in your head
Will you, won’t you, do you
Don’t you know when a head’s dead?
What a bringdown
君は自分が頭で理解している事を分かってる
そうかい、そうじゃないのかい、分かってるの?
いつ頭脳が死ぬのか分からないのか?
なんてひどい落ち込みなんだ

Winter leader Lou is grownin’, Hampstead’s in the north
Betty B’s been wearin’ daisies since the twenty-fourth
Wears a gunner when there’s one more coming forth
ウィンター・リーダー・ロゥが育ったハムステッドは北の町
ベティ・Bは24歳からずっとデイジーを着てる
もっと後になってから狙撃銃を持つんだ

And you know what you know in your head
Will you, won’t you, do you
Don’t you wanna go to bed?
What a bringdown
君は自分が頭で理解している事を分かってる
そうかい、そうじゃないのかい、分かってるの?
もう寝たいのかい?
なんてひどい落ち込みなんだ

There’s a tea leaf about in the family
Full of nothin’, their fairy tale
There’s a tea leaf a-floatin’ now for Rosalie
They’ll believe in ding-dong bell
家族の間の事はお茶の葉みたいなものさ
たっぷりの無意味な事、おとぎ話
ロザリーの為にたくさんのお茶の葉を浮かべる
彼らはディン・ドン ベルを信じるのさ

Take a butchers at the dodginesses of Old Bill
Aristotle’s orchestra are living on the pill
One of them gets very, very prickly when he’s ill
ビル爺さんの怪しい肉屋で買い物を
アリストテレスのオーケストラは薬漬けで生きてるよ
彼が病気になると、誰かがとてもイライラするんだ

And you know what you know in your head
Will you, won’t you, do you
Don’t you wanna make more bread?
What a bringdown
Yeah
君は自分が頭で理解している事を分かってる
そうかい、そうじゃないのかい、分かってるの?
もっと金が欲しくないのか?
なんてひどい落ち込みなんだ

※Captain Blighの意味:ブライ船長。イギリスの植民地統治時代の有名な船長。William Bligh/ウィリアム・ブライ。反乱により漂流させられたが、優れた航海術のおかげで生還。
※Betty Bの意味:Betty Boop/ベティー・ブ―プ。人気アニメ(?)キャラクター。
※ding-dong bellの意味:音のなる鐘。マザーグースなどのアニメのイメージ。