【歌詞】【和訳】park amsterdam (坂本真綾)

【和訳】
park amsterdam
(坂本真綾)

One day, sitting in a tree
I couldn’t help but notice you there in the park
You weren’t like all the others
You could fit me in your pocket
and just seemed so large
ある日、樹に腰かけていたら
嫌でも、公園にいる君が目に入ってきた
君は他の誰とも違っていた
私をポケットに詰め込めそうなあなた
それぐらい大きく見えたわ

But then you really tried to talk to me
We chatted all about your mom and everything
And if somebody pointed out the fact you have no wings…
Wouldn’t mean a thing
そしたら急に君が私に話しかけようとしてきた
君のママのこと、色々な事を知ったわ
誰かが君に羽がないことを気付いてしまったら…
そんなの大した意味もないのに

And like a dream we saw the world together
“Goodbye”to differences
“Hello”to each other
Harmony
Unity
Day and night
You and me
and paradise
2人で一緒に夢にみた世界では
違うことには”さようなら”
お互いには”こんにちは”
調和
団結
昼も夜も
君も私も
そしてパラダイスになる

Met the queen of hearts
while out dancing on the lake
And she asked us to a party
“You can bring some friends
but don’t be late”
湖の上でダンスを踊ってる時に
ハートのクイーンに会ったの
彼女は私をパーティーに招待してくれた
“友達を連れてきなさいよ
でも遅刻しちゃダメよ”

Climbed aboard a bus
and it drove us to the castle
But we didn’t have to pay
Cause the driver was the jester’s brother
バスに乗って
バスは私たちをお城へ連れて行ってくれた
でも運賃も払わなくてもいいの
だって運転手はジェスターのお兄さんだから

Sadly sighed the King
Cause somebody took his cake
So we gave him some of ours
And he smiled so wide
He ate his plate
王様は悲しそうにため息をついていた
誰かが王様のケーキを盗っちゃったから
だから私たちのケーキを分けてあげたの
そうしたらとても大きな笑顔で笑って
彼はそのお皿を綺麗に食べちゃった

He asked you to sing
And I won’t forget the faces
Or that awful melody
You and jester singing out of key
Not a better time
could be had for all the moment
王様は君に歌ってくれとお願いしてきた
その時の顔を忘れないわ
それに酷いメロディーも
君とジェスターは音程はずれで歌って
上手なところは一つもない
全部音程外れだったわ

The King beamed, “Allow me please”
“Let my balloon take you across the ocean”
(You and me across the ocean,
in his balloon, you and me in harmony)
王様は怒って、”ちょっと待ってくれ
気球にお前を詰めて海の向こうへ連れていけ”ですって
(君と私は気球に乗って海を渡って
君と僕の調和のとれた世界へとたどり着いた)

Didn’t try to put me in a cage of your convenience
like some others have
Instead you took me to your favorite garden in Manhattan
and we had a laugh
他のみんながしてるみたいに
君の都合で私を鳥かごに押し込まず
その代わりにマンハッタンのお気に入りのお庭に連れて行ってくれた
そして笑いあったの

Along the way I fell in love with you
Don’t think that I could ever get enough of you
And if somebody pointed out the fact that you can’t sing…
Wouldn’t mean a thing
そんなことがあって、君に恋しちゃったの
君にとって私が十分なんて思えないけど
誰かが君が歌えないことに気付いてしまったら…
そんなの大した意味もないのに