瞳の住人(L’Arc~en~Ciel/ラルク・アン・シエル)

瞳の住人
(L’Arc~en~Ciel/ラルク・アン・シエル)

数えきれない…でも少しの歳月は流れ
いったい君の事をどれくらい分かってるのかな?
指先で地図辿るようには上手く行かないね
気づいているよ不安そうな顔 隠してるくらい

急ぎ足の明日へと抵抗するように
駆け回っていても不思議なくらい…この胸は君を描くよ

見上げれば輝きは色褪せず溢れていた
どんな時も照らしてる あの太陽のようになれたなら

もう少しだけ君の匂いに…抱かれていたいな+
外の空気に首輪を引かれ僕は背を向けた

白く滲んだ 溜め息に知らされる季節(とき)を
繰り返しながらふと思うのさ…なぜ僕はここに居るんだろう?

そばにいてずっと君の笑顔を 見つめていたい
移り行く瞬間をその瞳に住んでいたい
どこまでも穏やかな色彩に彩られた
一つの風景画の中 寄り添うように時を止めて欲しい永遠に

そばにいてずっと君の笑顔を 見つめていたい
移り行く瞬間を その瞳に住んでいたい
いつの日か鮮やかな季節へと連れ出せたら
雪のように空に咲く花のもとへ…花のもとへ

こんな曲も見ています